エネルギー|エンパワーメントの実践は行動科学研究所

コラム Column

エネルギー

自分のエネルギーを生き、周りをエンパワーする エネルギーのじゃじゃ漏れに気づく

By 岩田 洋治

エネルギー

「先立つものが無ければ…」と言う時、私たちは、それはお金のことだと理解しています。
ところが本当に先立つものとはエネルギーであり、これが無ければ何も生まれてこないのです。

 

それほどまでに大切なエネルギーですが、私たちはそれほど大切にはしていません。

 

そもそもエネルギーを意識することさえないのですから。

 

本来であれば、あなたの人生を切り開く力を持ち、創造的な活動の源となるエネルギーは、日常の中で、無意識のうちに、様々な形で浪費されています。

 

エネルギーじゃじゃ漏れ──私たちはそのように表現します。

 

「あまりエネルギーはない方だ」と、思っている方がおられるかもしれません。
しかし、エネルギーのない人はいません。
皆が、溢れるほどのエネルギーを持っています。
ただ、それを生きているかどうかは全く別の話であり、これこそが課題なのです。

 

考えてみて下さい。

 

私たちの体を形成している60兆個の細胞。
この一つ一つが、休むことなく、24時間365日、イキイキと活動しています。
ところがそれが集まって「私」となった途端に、思考と感情の浮き沈みに捕らわれ、本来のイキイキさは失われるのです。

 

細胞レベルではこんなにエネルギーが溢れているのに、エネルギーのない細胞など一つもないのに、
その集合体である「私」にはエネルギーが感じられない。

 

さて、一体どっちが本当なのでしょうか?

 

私たちが普段感じている自分のエネルギーが、エネルギーの全てではないのです。
エンパワーしていく中で、そのことがはっきりと分かります。
じゃじゃ漏れしていたエネルギーを取り戻すだけでも、日々の生活が変わっていくことを経験されるでしょう。

 

更に、多くのエネルギーがまだ、生きられることなく無意識の底に眠っているのです。

 

 

二つのエネルギー

ただ、一言でエネルギーとは言うものの、私たちはその中身をよく見ていかなければなりません。

 

大きく分けてエネルギーには二種類あるからです。

 

一つが、自分や周りの人を「コントロール」するエネルギーであり、もう一つが、自分や周りの人を「エンパワー」するエネルギーです。

 

コントロールするエネルギーは、エネルギーを生み出すことはありません。ただ、周りのエネルギーを支配するだけです。

 

しかし、エンパワーするエネルギーは、新たにエネルギーを生み出します。

 

一人一人が、今まで無意識の中に眠らせていたエネルギーを生き始めるので、エネルギーの総量が上がってきます。

 

目が輝き始めた、イキイキし始めた、全体の空気が良くなってきたなどの表現は、いずれもエネルギーの総量が上がってきたことを表しています。

 

 

エネルギーの総量をあげる

もし私たちが表面上の結果だけを追い求めているのであれば、大切なものを見落としてしまうでしょう。
なぜなら、コントロールするエネルギーも、時に立派な結果を生み出すからです。

 

しかし、そのようにして達成された結果は、誰もエンパワーしませんし、また持続していかないのです。

 

私たちは、結果だけではなく、エネルギーの視座から物事を見る力をつける必要があります。

 

結局のところ、大切なのは自分のエネルギーを生きることです。
そして、周りをエンパワーすることです。
そのようにして、あなたを取り巻くエネルギーの総量を上げるのです。
智恵も力も、このエネルギーの中から生まれてきます。

 

そのように生きられる人は幸せです。
なぜなら、幸せとは、あなたを取り巻くエネルギーの総量が大きいことだからです。

 

岩田 洋治

この記事を書いたのは:岩田 洋治

1964年生まれ。
1987年 北海道大学工学部卒
1989年 同大学修士課程修了
同年外資系メーカーに入社
国内および海外にて研究開発者として勤務
1998年 同社を退社、行動科学研究所に加わる。
現在行動科学研究所副所長。
PEP個人セッション、LIVE PEP FORUM、PEP企業研修を通して、
個人・組織のエンパワーメントに従事している。

関連するコラム Column

コラム一覧はこちら

各種お申し込みはこちらから